ホームセンターさくもと
本社 機販リース house
home back
SCカード3%割引 店舗案内 沖縄県浦添市牧港1-62-12

info@hc.sakumoto.net
トップ 店舗案内 特集 HOW TO おすすめ! これは便利!!GOODS SCカード案内
HOWTO
肥料について
園芸豆知識 水やり
せっかく買った鉢植えを枯らせてしまった事、ありませんか?
これをを読めば「あの時枯らせてしまった原因はこれかも‥」なんて心当たりが出てくるかも。
今度こそ、枯らさないように基礎を学んでおきましょう!
肥料について


肥料やり 元気な植物を育てるには肥料が必要です。

自然の中では循環があり、動植物の遺骸やふんなどが分解され植物がきちんと育つための養分が用意されています。

チッソ、リン酸、カリウム、マグネシウム、イオウ、カルシウム、鉄、銅、亜鉛、etc・・・などです。

なかでも植物に大量に必要な栄養はチッソ、リン酸、カリウム(カリ)で肥料の三要素といわれています。
その次に必要なのがマグネシウム、カルシウム、イオウで中量要素。 銅、亜鉛、鉄・・・などは少しの量でいいので微量要素といわれています。

しかし、家庭の庭やプランターで育てるとしたらその自然の循環が止まり、栄養が欠乏します。それを補うのが肥料です。

肥料の三要素
肥料の三大要素画像 ・チッソ(N)
 植物の茎や葉の生長に必須の要素。

・リン酸(P)
 根の発育を促進し、開花を盛んにします。

・カリ(K)
 根の生長に必要な要素。
 植物の抵抗力を向上させる。

肥料の種類
肥料は大きく分けて、有機肥料と無機質肥料との2種類があり、それぞれ長所・短所があります。

●有機肥料(天然肥料)
油粕や、骨紛、牛ふん、鶏ふんなど動・植物が原料となっています。
土の中で分解されてから効きはじめるので、効くまでに時間がかかりますがその効果は長く持続します。
●無機質肥料(化学肥料)
硫安、尿素、硝安、塩化カリ、石灰チッソなど化学的に生産された肥料です。
成分の純度が高いので、少量で大きな効果が期待でき、速効性であることが大きな特徴ですが、 与えすぎると肥料あたりするので使用量には注意しなくてはなりません。
バックナンバー

刈払機使用上の注意点
ハイドロカルチャーをはじめよう!
組み立て簡単!メタルラック
シーリング材の使い方
洗車ノススメ
手軽なポット型浄水器
安全でおいしい水
土について
肥料について
容器について
2ハンドル混合栓の修理
シャワーの交換
障子紙の貼り方
アイロン障子紙の貼り方
タイヤの基礎知識
パンクの修理
ブースターケーブルの取り扱い方
ペットのノミ・ダニ対策
草刈機と芝刈機
温水便座の取り付け方
網戸の張り替え方
エンジンオイル

株式会社佐久本工機
home back top