ホームセンターさくもと
home back
 
 
本社 機販リース ハウス
SCカード3%割引店舗案内 沖縄県浦添市牧港1-61-18
   
info@hc.sakumoto.net   
HOME
HOW TO
エンジンオイル

愛車の点検はおすみですか?

快適なドライブを楽しむために、オイル交換は基本中の基本。今回は知ってて得するエンジンオイルの豆知識です。
 

       
  エンジンオイルの働きは、人間で言うとカラダを循環する血液と同じ役割です!オイルには基本的に5つの役割があります。  
   
循環性能 金属同士の摩擦を減らして、エンジン内部に油膜を作り滑りを良くします。
冷却性能 燃焼や摩擦で起こる熱を吸収して、その熱を発散させオーバーヒートを防ぎます。
密封性能 ピストンとシリンダーの隙間を埋め、圧縮ガスや爆発ガスが漏れないようにする作用。
防腐作用 エンジン内部を水分や空気など錆や腐蝕を生む原因から守る作用。
洗浄作用 オイルの汚れの原因であるスラッジやススなどの汚れを洗い落とし、エンジン内部をクリーンに保ちます。
     
エンジン内部の温度が600度にもなる過酷な環境で働き続けるオイル。もしオイルがなければエンジンはすぐに焼き付き、トラブルが発生します。エンジンオイルの劣化は、本来のオイルの機能が発揮できない状態になり交換しないままでいると、各種作用が働かなくなり、焼き付きなどのトラブルを起こします。定期的なオイル交換はエンジンを長持ちさせ、快適に保つ最良の方法です。
1.燃料による劣化 燃料の一部がオイルに混ざってしまいオイルの劣化を招きます。
2.水分による劣化 燃料室内での爆発後に発生する蒸気が液化してオイル内に混入し、オイルの劣化を招きます。
3.酸化による劣化 古くなってきた油は空気中の酸素により酸化し、オイルの劣化を招きます。
4.スラッジによる劣化 エンジン内部で発生する燃えカスがオイルに混入し劣化を招きます。
  また、空気中の水分もオイルに混入しオイルは劣化します。あまり車を使わないから、運転する距離が短いからといってオイルの交換しなくても大丈夫という事ではありません。やはり距離や期間を目安に定期的にオイル交換をする事が必要です。    

 
         
    車には排気量の違い、エンジンの違いなど車ごとに適したオイルがあります。
 
   
1. NA(自然吸気エンジン)  小型車〜中型車に多い
一般的に柔らかめ(5W30〜10W30)のオイルを使用する場合が多く市販のオイルの中でも価格帯・オイル・メーカーの種類がもっとも多く用意されています。
2. ターボエンジン       軽自動車〜大型車まで幅広い
エンジンに対する負荷が大きくなるためオイルも比較的硬めの物(15W40〜15W50)が使用される場合が多い。
3. 低燃費車用オイル      最新のハイブリッドカーや環境に配慮した新型車
リヤガラスに2〜4個の星マークのステッカーが貼られている車種用で、オイルの種類が(0W20〜5W20)と極端に柔らかい粘度の物が使用される場合が多い。粘度の低いオイルは車の省燃費性能に大きく貢献していますが、粘度の高いオイルに比べてエンジン内部の保護性能が低下しやすい面がありオイルの管理には気を使う必要があります。
4. ディーゼル車用オイル
ガソリン車用にくらべ粘度も高めのもの(10W400〜15W40)が使用され、オイルの劣化も早いためこまめなオイル管理を行うのが理想です。大型の車両に多く、使用するオイルの量もガソリン車に比べ多めです。
エンジンオイルはエンジン内を循環し内部の汚れや燃えカスなどを含んでいきます。オイルフィルターは、オイル内に含まれた汚れを取り除ききれいにろ過された状態でエンジン内に戻す役割をしています。フィルターの汚れが蓄積されると、オイルに含まれる汚れを正常にろ過できなくなっていきます。そうなる前にオイルフィルターの交換が必要です。

 
 
   
   
 
エンジンオイルはエンジン内を循環し内部の汚れや燃えカスなどを含んでいきます。オイルフィルターは、オイル内に含まれた汚れを取り除ききれいにろ過された状態でエンジン内に戻す役割をしています。フィルターの汚れが蓄積されると、オイルに含まれる汚れを正常にろ過できなくなっていきます。そうなる前にオイルフィルターの交換が必要です。  
   
  数字が小さいほど低温でも硬くなりにくく、低温始動性が優れています。    
  数字が大きいほど粘度が高く、高温時でもしっかりした油膜を保ちます。  
 
 
   
 
 
 
     
 
オイルの交換時期は?
3ヶ月、3000km毎のオイル交換をおすすめします。3000km以下でも市街地の低速走行では、温度があまり上昇せず、ガソリンが燃焼して生じた水がオイルに混じり、オイルを劣化させます。
 
オイル交換をしないと車が壊れるの?
エンジンの中のオイルは次第に劣化して、そのままオイル交換をしないで車を走らせると、エンジン部品の磨耗、錆が進行し、堆積物が増えエンジンの寿命を縮めたり、焼き付きの発生で走行不能になったりします。
 
グレードの違いは?
4輪車用エンジン油のグレードは、SAE粘度分類とAPIサービス分類で定められています。SAE粘度グレードはオイルの低温粘度と高温粘度で規定されています。オイルのエンジン性能はガソリンエンジン油ではAPI SA〜SLまでの分類が、ディーゼルエンジン油ではCA〜CH−4までの分類があります。
 
どういう基準で粘度を選べば良いの?
エンジンオイルの粘度はSAE粘度分類で規定されています。例えば、10W−30、15W−50です。Wの前の数字は低温におけるオイルの粘度の大きさを意味し、数字が小さい方が低粘度で低温におけるエンジンの始動性と燃費が良いということです。一方、Wの後の数字は高温におけるオイルの粘度の大きさを意味し、この数字が大きいとエンジン部品表面の油膜が厚くて、磨耗が小さくレースのような厳しい走行に耐えられます。
 
オイルの品質規格は?
エンジンオイルの品質は、API(米国石油協会)によって定められています。ガソリンエンジン用は頭がSではじまり、SA〜SMまでの分類がありますが、実際にわが国で販売されているのはSG〜SLが中心で、SG→SH→SJ→SLの順にグレードアップし、現在SMが最高規格のオイルです。ディーゼルエンジン用は頭がCではじまり、CA〜CI−4の分類があります。CE→CF→CF−4→CG−4の順にグレードアップします。
 
同じオイルを使い続けた方が良いの?
必ずしも同じオイルを使い続けた方が良いというわけではありません。少しでも車の寿命を延ばしたいのであれば、より高級なオイルへ、またガソリン代を節約したいのであれば省燃費オイルへ切替えられることをお勧めします。
 
グレードの違うオイルを混ぜて使っても大丈夫?
グレードの違うオイルを混ぜて使うのは好ましくありません。配合されている添加剤が化学反応を起こして性能が低下したり、オイルから分離、沈殿することがあるからです。
 
オイルフィルターの交換は必要なの?
オイルフィルターはエンジン内の汚れたオイルをきれいにろ過する役割をもっています。新しいエンジンオイルや高性能のエンジンオイルに交換しても、オイルフィルターが汚れたままでは性能は低下したままで意味がありません。交換のサイクルとして最も良いのはオイル交換毎にオイルフィルターも一緒に交換するのが一番ですが、最低でもオイル交換2回に1回は交換が必要です。車種によりオイルフィルターの種類も異なりますので、交換時に確認して下さい。

 
SCカード案内
バックナンバー

刈払機使用上の注意点
ハイドロカルチャーをはじめよう!
組み立て簡単!メタルラック
シーリング材の使い方
洗車ノススメ
手軽なポット型浄水器
安全でおいしい水
土について
肥料について
容器について
2ハンドル混合栓の修理
シャワーの交換
障子紙の貼り方
アイロン障子紙の貼り方
ワーロンシートの貼り方
タイヤの基礎知識
パンクの修理
ブースターケーブルの取り扱い方
ペットのノミ・ダニ対策
草刈機と芝刈機
温水便座の取り付け方
網戸の張り替え方
エンジンオイル